浮気は病気と諦めていませんか?浮気をさせない8つの方法

menu

浮気をさせない方法

カップルや夫婦が別れる理由は、それぞれです。
性格の不一致等の”王道”もありますが、中にはとんでもなり理由で別れるカップルや夫婦も少なくありません。
例えばあるカップルは、レストランで食事をしている時に彼氏の食事マナーが悪く彼女は注意したそうです。
しかし何故か彼氏がブチ切れてしまい、そのまま別れてしまったそうです。
またある男性はある日突然何の前触れもなしに振られたそうですが、振られた理由が「幽霊に取り憑かれているから」というのです。
一体何のことか分かりませんが、詳しく詮索すると頭が痛くなるので話は一旦ここで切り上げましょう。

ともかく100組のカップルや夫婦がいれば、別れる理由も100通りあります。
しかし王道の理由は今も健在で、別れる理由のベスト10の常連ともなっています。
中でも圧倒的に別れる理由としてあるのが、浮気です。
浮気が理由で別れる人は21世紀を15年以上経った現在でも、揺るがないものになっているのです。

しかし不思議なことに、相手と別れる理由がいつも「浮気」という人もいます。
現に「浮気」が原因で別れるカップルや夫婦は数多く、時には裁判沙汰になるケースも少なくありません。
浮気の数そのものが多いので、毎回浮気で悩んでいるということは珍しくは無いでしょう。
でもチャラさの欠片もなくすごく誠実そうな人と付き合っていても、何故かいつも浮気をされると悩んでいる方は現にいらっしゃいます。
一昔前に流行った「だめんず」に惹かれる女性は今も多く、惚れる人が浮気性の人だったというケースもあるでしょう。
でも浮気性かどうかについては、実際に付き合ってみない限りは何とも言えないのが正直な所です。
浮気性の人を避けるには付き合う前に探偵等を雇い、相手の過去を調べるしか方法はありません。
また単純に運が悪かっただけと、諦めている方もいらっしゃるでしょう。
前世に何かしでかしたが為に、現世では浮気で苦しめられていることも考えられます。

ただ、浮気をされる原因を「前世に酷い行いをした」「単に運が悪かった」だけで片付けて良いものでしょうか。
運が悪かったと片付けてしまうと、この先何度も何度も浮気で悩むことになるでしょう。
ある有名な占い師の言葉を借りるのならば、「運勢は自分の行い1つで大きく変わる」ものです。
神秘的なことを信じるか信じないかは置いといて、毎回浮気をされるには何か原因があると考えた方が賢明です。
原因が分かれば今後別の人と付き合っても、対策が立てられるので浮気防止になります。

気をつけておきたいのは、「浮気をされる原因」を探ると「知りたくなかった現実」を見る羽目になるということです。
あまりにも辛い現実に泣き崩れる方もいらっしゃるでしょう。
でも泣き崩れるような辛い現実であっても、立ち向かわなければ問題は解決しません。
まずは現実を見る覚悟を持って下さい。
覚悟が出来れば浮気をされる原因について、深く探ってみましょう。

浮気をされやすい人の共通点として挙げられるのが、相手に気を使い過ぎていることです。
相手に気を使うことそのものは決して悪いことではなく、寧ろ賞賛されるべき行為と言えます。
でも気を使い過ぎてしまうと、相手は逆に窮屈に感じてしまうので要注意です。
気を使う行為は男性だろうが女性だろうが、関係ありません。

また相手に尽くし過ぎてしまうと、一種の安心感を与えてしまいます。
「この人ならば何をしても文句は言われないだろう」と思い込まれてしまい、浮気をしてしまうのです。
「何もかもは流石に許していない!」という反論も何処からとなく聞こえてきそうですが、あくまでも相手がどう思っているかです。
ご自分がどんなに律しているつもりでも、相手に「何をしても許される」と思われてはどうしようもありません。

更に過去の傷を引きずり、疑心暗鬼になっている人も要注意です。
過去に相手に浮気をされてしまったとなると、変に疑ってしまうのも無理はないでしょう。
でも過去は過去であり、現在ではないのです。
相手を信頼することこそ、浮気防止につながります。

では浮気をさせないようにするには、どういう方法を取れば良いのでしょうか。
残念ながら“これ”という決定的な方法は、存在していません。
でもお互いのすれ違いや心の傷が原因で浮気に走っているのならば、対策は立てられます。

まずは、自分の気持をしっかりと伝えることです。
「以心伝心」という言葉がありますが、相手に直接伝えなければ分からないこともあります。
相手が何をどう思っているのかが分かれば、より深く付き合うことも可能です。
またお互いの関係性についても、2人で話し合うことも必要です。
これは何もお互いに「愛している」と言えと言っている訳ではなく、お互いの関係性についての確認を取ろうということです。
忙しくて中々会えない時でも、それでも愛してくれているかどうかが分かれば、浮気防止にもなります。
ほんの些細な行動1つで、2人の関係性は良い方向へ必ず向いてくれる筈です。

相手に思いやりをもって接することは勿論大切ですが、最初から自分が浮気相手であり、お金目的で近づいてくる輩(ジゴロ)といわれる部類の人もいます。

最初が肝心でどんな人物かを知ることが必要です。

例えば、自宅に連れて行ってもらう、実家の両親に会わせてもらう、会社の場所を教えてもらう、免許証を見せてもらう、もし身分証明書等を見せてもらえない場合は正直名前を偽っている可能性もありますし、自宅に案内してもらえなければ妻や夫がいる可能性もあります。

忙しいとの理由から、電話に出ない、連絡がつかない、会ってもらえない、この三拍子はSOSのサインです。

どんなに忙しくても1分くらい電話やラインはできるはずです。
何か他の理由があるのでしょう。
そうです、異性といるから電話やメールができないのです。
しかし、相手を責めたとしても嘘をつかれるだけですし、重い人だと思われたらいずれ別れがくるでしょうね。
もう一度お伝えいたします。「最初が肝心です」
それを知っている恋愛経験の多い人やお金に余裕が人たちは、結婚相手の素行や借金、そして収入なんかを効率よく調べます。
収入がなければ苦労しますし、独身のうちから借金があるようではだらしない人でもあるわけで、子供ができた未来を想像するのは難しいでしょう。

実際に結婚した後、許せないことが発覚することもあります。
バツ2だったり、隠し子がいたり、自己破産をしていたり、実刑をくらっていたりなんてことが発覚してしまうこともあります。
貴方は浮気だけと思っていても関連するトラブルが多数あるのです。
浮気を病気で例えるのでしたら、病気は合併症というのがあり、この病気を発症するとこの病気も発症するリスクが増えると同じ事です。

さて、貴方ならどうしますか?

探偵を雇い調べる、または信じた相手だから信用して付き合う、どちらでも構いませんがあまり長い時間をかけることはお勧めしません。
長くお付き合いしたのに相手に結婚の意識が全くなければ、悲しくなりますよね。
結婚だけが全てではないので、あくまで結婚したい人に向けた話しだとお考えください。
では、探偵を選ぶ方には仙台 探偵←ここをクリックしてみてください。
恋愛は相手がいるのでこちらの思いが全て受け止められるものではないので、上手くいくためにはメンターを探す、恋愛の本やセミナーに通う、または胃袋から攻めるために料理教室なんかも1つの手かも知れませんね。

客観的第三者の力やアドバイスをすんなり聞ける心のゆとりは持ちたいものです。