どんな生活を送っても浮気に走る人はいます

menu
HOME » どんな生活を送っても浮気に走る人はいます

どんな生活を送っても浮気に走る人はいます

家に帰れば素敵な彼氏・彼女が出迎えて、食事の用意も完璧。
会社の愚痴も文句もなく云々と聞いてくれて、「大変だったね」と肩を揉んでくれる。
そしてお風呂や食事の後片付けも何もかも彼氏・彼女がしてくれる。
果たしてこんな羨ましい生活が送れている人は、世の中にどれほどいらっしゃるでしょうか。

多くは仕事から帰っても食事の用意はなく、彼氏・彼女はテレビを見てガハハと笑うだけ。
会社の愚痴を1つでも言えば、途端に嫌な顔をして何処かへと消える始末。
お風呂の準備や食事の後片付けもせずに、そのまま眠っている生活が現実でしょう。
家計簿を見ても今月ギリギリ生活出来るかどうかの瀬戸際だけど、給料が入っても何の解決もならない。
でもそんな態度を取っていても、彼氏・彼女は私のことを見てくれる―と思ったら大間違いです。

相手は仕事でヘトヘトになって疲れており、体も一歩も動きません。
その最中に食事の準備と後片付け・風呂の準備も押し付けると、相手はたまったものではありません。
仕事はもちろん家に帰っても疲れが取れなければ、他へ癒やしを求めるのは当然のことです。

しかし逆に家事全般を全て承り、疲れたら優しく肩を揉み、会社の愚痴を嫌な顔1つせずに聞いても浮気する人はいます。
理由は相手を癒す為に全力を尽くしたとしても、それが「苦痛」と感じてしまうからです。
もちろん本人は相手に苦痛を与えないようにと、最大限の配慮はしているでしょう。
でも「配慮」が相手の為になっているかどうかは、相手でしか分からないことです。
人の気持は、その人でしか知り得ません。
彼氏・彼女の様子や顔色を伺ってある程度何を考えているかは予測はつくかと思いますが、正確なことまで把握するのは何十年連れ添った夫婦でも難しいものはあります。
彼氏彼女の関係になっているとはいえ、元を立たせば赤の他人なのです。
血の繋がった親でも兄弟でもない以上、こればかりはどうしようもありません。

相手が何を感じどう思っているのかは、直接聞くしか方法はありません。
本音を知るのが怖いと思っていても、いつの日かは知らなければならない時は来ます。
そこから逃げてばかりいれば、いつまで経っても相手の心は分かりません。
相手の心が分からないままでいると、浮気をされても文句は言えないかと思います。
また相手の心が読めないと思うのは、相手側も同じです。
ご自分が何をどう思っているのか相手は察してくれるだろうと思ったら、大間違いです。
お互いの心の内を打ち明けることこそ、浮気を止める何よりの方法なのです。